パワースポット・バリ島からお届け♪天然石のスピリチュアルアクセサリーやオーガニックコスメ、スペースクリアリングベルなどヒーリンググッズなど多数販売。

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

Rainbow Spirit

今年で創立10周年を迎えることになりましたバリ島ウブドに4店舗あるパワーストーン&ヒーリンググッズのお店・Rainbow Spiritのネットショップをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

スピリチュアルな文化が色濃く残る聖なる島・バリで日々、ヒーリングジュエリーの制作にはげんでおります。

店舗の方は毎年、「地球の歩き方」「aruco」「るるぶ」「バリ島ウブドの散歩道」などなど各誌でご紹介していただいております。

オーダーメイドのパワーストーンジュエリーも承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせフォームよりご相談くださいませ。

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed

太陽神経叢のチャクラ

第3:太陽神経叢のチャクラを活性化  不思議なくらい、心が強くなる!

第3の幸せのツボ(=第3チャクラ)は、みぞおちのあたりに位置します。

ここでは感情を支配していると言われています。

何か嫌なことがあると、胃が痛くなる人が多いのはそのためです。

自尊心や自己価値とも関わりがあることから、人間関係にも大きく影響します。

ここが活性化すると元気がみなぎり、新しいことに挑戦する力がわいてきます。

本当は素晴らしい才能や可能性があるにもかかわらず、不安や恐れにとらわれ「できるはずがない」としり込みしてしまう人は、ここのエネルギーが弱っているのかもしれません。

このポイントを浄化して「元気で楽しい自分」になりましょう。

第3チャクラ

【消化力を高めてチャンスをつかむ】

もし、ふいに大きなチャンスがやってきたとき、今のあなたはそのチャンスをしっかりと受け取れますか?

恋愛や仕事に関することなど、ほしい、ほしい、と願っているチャンスですが、いざ来てみると、とまどい、消極的になってしまう人も意外に多いようです。

でも、自律神経が集中している胃のあたりのエネルギーの流れがいい人は、心が柔軟でしなやかなのでどんなチャンスも自然につかみ、変化を楽しさとして受け入れて波に乗っていくことができます。

逆に環境の変化や新しく知り合った人の考え方などを受け入れられないと思っているとき、胃や脾臓などの臓器からレスキューサインがでやすいものです。

仮に胃の痛みを感じたときは「私は何に抵抗しているのかな?」と考えてみましょう。

そして、思い当たることがあったらそれを受け入れるにはどうしたらいいかを考えてみましょう。

また、どんな物事でも「おおらかに受け入れられる力」を高めるためには、胃を丈夫にすることも重要。

そのために一定期間、消化しにくい食べ物を控えてみるのもいいでしょう。

牛乳、バターやチーズなどの乳製品、スナック菓子、インスタント食品、卵、肉、ナッツ類など。

しばらくの間こうした食品を避け、野菜や米や豆製品をよくかんで摂るようにしてみてください。

胃や内臓の負担を軽減し、消化吸収を助けることができます。

☆☆☆胃が強くなると「チャンスをつかめる自分」になります☆☆☆

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【太陽の下で子どものように遊ぶ】

ひとりでがんばりすぎたり、楽しいことや嬉しいことを自分にがまんさせたりしていると、胃のあたりにネガティブなエネルギーがたまってしまうことがあります。

そうすると、くよくよと考えすぎたり、ナーバスになったり、情報の渦のなかで混乱してしまったりする傾向が出てきます。

そんなときにおすすめなのが「日光浴」。

太陽には胃のあたりに溜まったネガティブなエネルギーを浄化し、流れをよくするパワーがあふれています。

また、胃のあたりのエネルギーを高めるには、いつのまにかないがしろにしているかもしれない「遊び」を大切にすることも重要です。

最近、無邪気に笑ったり遊んだりしていますか?

子どもが好きな遊びに没頭するように、大人になっても夢中で好きなことをする時間は必要ですよね。

想像するだけで心が躍り、ウキウキするような楽しいことをしましょう。

アミューズメントパークや、遊園地、遊具のある公園に行くのもいいですね。

遊び心いっぱいのアトラクションで我を忘れて楽しみましょう。

子ども心が呼びさまされる、動物園、水族館、サファリパークなどもおすすめです。

胃のあたりのエネルギーが高まると、無邪気で素直な「本当の自分」が顔を出します。

まわりのだれからも好かれる「太陽のような人」になれるのです。

☆☆☆生活の中に「遊び」をもっと増やしましょう☆☆☆

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【絵を描いて感情を浄化する】

怒りや悲しみといったネガティブな感情は抑え込んでしまうと胃のあたりに溜まり、エネルギーの流れを滞らせる原因になりかねません。

がまん強さはすばらしい美徳ですが、それも度を過ぎると考えもの。

いやな感情を抑え込んだとしても消えたわけではなく、あなたの中に澱のようにたまっていくのです。

人が生きていればいろいろな感情が湧き起って当然です。

怒りも、ねたみも、悲しみも、不安も、どんな感情も、それを持つことは決して悪いことではありません。

不安や焦りといった感情が希望や楽しさの土台になっていることもあります。

トータルで見るとすべてOKなのです。

それらの感情があるのだなぁと認め、お母さんが子どもに接するようによしよしと広い気持ちで受け入れてあげましょう。

毎日生まれる小さな感情たちは、あなたの子どものようなものなのです。

ぐちゃぐちゃした気持ちを受け入れるのが難しいときは、ここ最近の感情を1枚の紙の上に描きだしてみましょう。

まずは、気になる色のクレヨンを手に取り、気持ちのままに手を動かしてみます。

ぐるぐる・もやもやした模様を描く人もいれば、詳細な絵を描く人もいるでしょう。

描いているうちに、色や形とともにいろいろな感情が表に出てきます。

絵にしたり、文章にしたりと「表現すること」にはそれ自体に癒しの力があります。

感情をすべて紙の上に吐きだしてみると、不思議なほどすっきり!

自分の中に湧き起るさまざまな感情をあたたかく認め、責めたりせずに受け入れてあげてください。

感情のひとつひとつが癒され、浄化されていくでしょう。

☆☆☆あなたが何を感じたとしても、それを否定する必要はありません☆☆☆

黄色

・・・黄色の魔法で人気者になる・・・

黄色の持つ「色のエネルギー」は、第3:太陽神経叢のチャクラに働きかけ、浄化・活性化の手助けをしてくれます。

だれかに甘えたいときや、頼りたいとき、自分の中にある子どものような気持ちをオープンにして元気になりたいときには黄色の力を借りましょう。

ネガティブな感情と上手にさよならすることができ、さまざまな物事を子どものように純粋な心で楽しむことができるでしょう。

胃の調子が悪いとき、ストレスを感じるとき、肌荒れしているときなども、黄色の石やアクセサリーや服を身につけたりして、体に黄色のエネルギーを補給しましょう。

かぼちゃやバナナといった黄色の食べものも胃の働きをよくすると言われています。

ピックアップ商品